2013年7月14日日曜日

シーチャン島 帰ろかっ!

J2さん、コウッチャンさん、タカシさんと3人でシーチャン島沖にキャプテン・タンの船で出かけた。
僕はカンルアン(ホソヒラアジ)狙い、3人はアオリイカ狙いだ。前日イカが好調だった列島南端へ向かった。
快晴ながら強い南西の風で船が揺れ、立って釣りができない状態。エギも風と流れで浮いてしまい難しそう。
アジだけなら回遊待ちだったろうが、イカ師の要望で島の風裏側に大移動した。
RIMG1247yRIMG1249
まずラーンドックマイ島南側。カンルアン散発の状態が続くがイカは皆無。
時々水面に現れる魚群を狙って船頭が弓角を打ち込んだ。楽しそうにヨロイアジとマブタシマアジを連発だ。
コウチャンはイカを見切って、軟調子の専用竿とジグヘッドでアジングを開始。バイトは多いがヨロイアジを1匹ゲット。
カーム・ノイ島に移るが、下げ潮が速くて釣り難く食わない。潮色は緑色のプランクトンで濁り、ラインがひどく汚れる。
たまに回ってくるカンルアンが竿先を揺らす程度で状況変化なし。そのまま13:15、早めに納竿した。
皆でカンルアン56匹、マテアジ11匹、その他……アオリイカ=ゼロ。この潮では仕方ない。
RIMG1257 RIMG4858
さて、僕は今月で6年2ヶ月の駐在を終え日本へ帰任する。これがタイで最後の釣りだ。締めの魚はやっぱりカンルアン。
キャプテン・タン、そして各地の腕利きの船頭たち。未知の海へ案内してくれて有難う。
次第に増えていった釣友たち。多種多様な方面から知恵を出し合ってあちこち行ったよね。
このタイそして周辺地域での楽しい釣りの世界を大きく広げてくれて有難う。
そして暖かく豊かなタイの海。色々な試みを受け入れ、恵みを分けてくれて有難う。
僕がここで試した事は船の軌跡の様にそのうち消えてしまうだろうが、僕の中では最高の思い出。死ぬまで忘れない。
いよいよ明日は引越しだ。帰ろかっ!
RIMG1253
place : Ko Sichang
fish : Bump-nosed Trevally, Smooth-tailed Trevally