2013年7月6日土曜日

シーチャン島 分担調達方式

シーチャン島沖にモリッシーさん、魔寧蛇さんと3人で出かけた。
心配された潮は回復していた。列島南端など青く澄み、底で掛かった魚が早々と見える程だ。
晩に宴会があり、7人分の食材が必要だった。3人はそれぞれ得意な釣り方に専念することで調達開始。
僕は唐揚用の小アジ(ホソヒラアジ)を担当。地元でカンルアンと呼び濃厚な旨味を持つ大きくならないアジだ。
仕掛はシーチャン島標準よりも食い優先で、一回り小さいショットガン仕掛けを作って投入した。
胴打ち金アジ7号の5本鈎、ハリス3号12cmを、幹糸3号1ヒロに間隔25cmで結束、ワームバケ6号の各色を装着。
ボツボツながら途切れることなくカンルアンが釣れてくる。しかし常連のマテアジやマブタシマアジは極少数だ。
モリッシーさんはエギンガーなので、もちろんエギ。これが好調。しなやかな竿がドスンと曲がり、同長20cm超が次々と。
いつもはコロッケサイズが多いシーチャン島だが、この変化にモリッシーさんは驚いていた。
RIMG1230 RIMG1231 RIMG1240
魔寧蛇さんはキャスティング専門。弓角遠投を主体にアジング近投も交えて楽しんだ。
磯際ではダツの群れに邪魔されながらもギンガメアジ。巨大なサメがマウスを追って大騒ぎw。沖ではマブタとマテアジ。
ラン・ドックマイ島に移動すると、カンルアンが好調だった。僕の竿に休み無く掛かる。一方イカは姿を見せなくなった。
エギングを見切ったモリッシーさんも弓角を投げ始めた。するとマブタ大型がゴーン、ヨロイアジ良型がズーン。
午後はシラチャ上空に雷雲が見え、雷鳴が響いてきていた。この頃から次第に雷雲が近づいてくるのが見えた。
「イテッ!」魔寧蛇さんのロッドが空中の電気を拾って手が痺れること幾たび。他のロッドも「ジィ~」と電気音を立て始めた。
これは危険だ、まだ13時前だが撤収かなと思った頃、キャプテン・タンが「デカイのが居る、投げろ!」と陸側を指差した。
さっきからうろついてる海亀だろうと軽く考えていたが、真面目に弓角をキャストした魔寧蛇さんの竿にドッカーン。
正体はすぐに分かった。マウスを引っ張って大ジャンプを何度も見せたのはクイーンフィッシュだ。
RIMG1242 RIMG1245mg
キャプテンは急遽手網をギャフに持ち替えて、クイーンを無事に取り込んだ。魔寧蛇さん「やったー!」
75cmの良型が4cmの小さな弓角を咥えた姿は、してやったりの感があるよね。暫くは魔氏の解説を拝聴することに。
最後に砲台跡のあるポン島に行ったが雨が降り出したため切り上げ、14:00の連絡船でシラチャに戻った。結局釣果は、
リュージョン(ショットガン):カンルアン120匹、リュウキュウヨロイアジ7匹、マブタシマアジ3匹、マテアジ2匹、雑魚多数。
魔寧蛇(弓角):クイーン75cm、ギンガメアジ3匹、マブタシマアジ4匹、マテアジ5匹、サヨリ1匹。
モリッシー(エギ・弓角):アオリイカ6杯、リュウキュウヨロイアジ1匹、マブタシマアジ1匹、マテアジ1匹。
いやー、それぞれ目標を達成した充実感たっぷりの近場釣行だったね。マテアジ少ないって?そういう日もあるって。
さあ、宴会が楽しみ!
RIMG4709RIMG4711m
place : Ko Sichang
fish : Talang Queenfish, Bigeye Trevally, Smallmouth Scad, Yellow Tail Trevally, Narrow Tailed Trevally