2013年6月30日日曜日

シーチャン島 激渋

ヨーンさんのお誘いに乗ってシーチャン島に行った。キャプテン・タンは「潮が悪い。餌もない」と朝から渋い顔。
だが前週、この船でクリさんや漁レンジャー隊長さんがマテアジを爆釣していたので、何とかなるだろうと考えていた。
確かに海は昆布茶のように濁っていた。朝のうちは南西の風強く波があり、列島最南端は立って釣りが出来ない程。
イカもショットガンサビキも弓角も何も通用しない。あとは敗走を続けるばかりの一日だった。
船頭も手詰まりで、普段行かない離宮前を試すとか、2回ずつ時間を空けて同じ島を攻めるとか工夫していたがダメ。
ところどころに出るナブラは、鳥も来ないし一瞬で消えてしまう活性の低いやつ。投げても小型のマブタシマアジだけ。
全員で一日やってマテアジ3匹、マブタシマアジ十数匹、カンルアンも十数匹、イカ数杯。
11466_480529162036328_1294665202_nRIMG1224
僕のイカは運悪くジグに掛かったかわいそうなやつ。
7月がやってくる。例年通りなら、これからアオコが発生してドロドロの海になるんだろうな。いやだな…。
カタクチイワシの群れがシーチャン島周りから離れ、漁をしている船が居ない。マテアジも一緒にどこかへ行っただろう。
アオコが収束して海況が戻るまで、ちょっと期待薄なシーチャン島。