2012年12月25日火曜日

近場小物 楽しいおいしい

12月はサトゥンに遠征しようと思い、全ての土日に予定を入れず各方面に声を掛けて同行者を募っていた。
でも誰も乗ってこない。そこでサトゥンは諦めて他の釣りに参加しようにも、週末の釣りは既に満員で参加できない。
これの繰り返し。まあ仕方ないね。サトゥンは連休に一人で行くか。ということで予約無しで行ける地元の釣りを少々。
まずはバンプラのキス釣り。マヒマヒ大王コウジさんと沖に出た。
開始直後のクリスタルベイ前でいきなり21cm~24cm級のホシギスが数匹釣れた。
「これは1日やったら凄いことになる」と二人で笑ったのも束の間、アタリが遠のいてしまった。小さなヒイラギばっかり。
北東風に乗せて流しながら釣るがちょっと速すぎ。方針をかえてイガイ養殖棚の間でアンカーを打って釣ろうと船頭に頼んだ。
周囲にキャストして探るが、釣果はあまり変わらず、ホシギスがボツボツ程度。良型が混じるのは魅力だが結構暇だな…。
RIMG0525RIMG0523ユウダチスダレダイ。味は?
岸寄りも流してみたが網や障害物が多くて釣りにくい。そんなこんなで昼を回ってしまった。
最後にもう一度養殖棚アンカー作戦。ここでやっと中型ながらキスが連発。何とか格好がついた。
結局僕は31匹と少なかったが、キス釣りはいつ行っても和むな。良型のアタリがキュキューンと次回の誘いをかけてくる。
そういえば船頭が釣ったユウダチスダレダイ。縦長の魚体はそう、あのツバメウオの仲間。
以前ツバメウオを食べてひどい目に遭ったので、これはコウジさんの運転手にあげた。嫌がらせじゃなけどね。RIMG0553RIMG3496弓角キャスト、アジ好調
そしてシーチャン島アジ釣り。Takahiroさん、魔寧蛇さんと3人でキャプテン・チュクの船で出た。
列島南端、キャプテン・タンの船と並んで釣る。カンルアンが一投目からコンスタントに釣れる。
僕はカンルアンが釣れると底にいるこればかり狙ってしまうのだが、この日は中層にマテアジが回遊していた。
それも27cm級の指が回らないほどの良型。Takahiroさんと船頭はこの良型マテアジを着実に釣っていく。
魔寧蛇さんは弓角を投げて中型のマテアジを毎回掛けた。でも思わず大アワセするので、その瞬間にバレる。
慣れてくると魔寧蛇さんは弓角で1キャスト1フィッシュの状態を続け、「ユミカク楽しい!」と大喜び。海上は騒音公害再び。
僕も弓角を投げてみると同じようにマテアジが連発。この日はショットガンで釣れないのに納得いかないなぁ…
Takahiroさんは小型クーラー2杯分、100匹以上は釣ってたな。朝から最後まで針数の多いサビキだったからね。
どうしたかと言うと魔寧蛇さんのクーラーにドドーっと分配。持ち帰る分はウロコ頭と腸を取ってコンパクトに。仕事師だね。
RIMG3484RIMG3301 キス・カンルアンの下ごしらえ
キスもアジ(カンルアン)も三枚に卸し、食べる分だけ飯屋に持込みあとは冷凍。中骨(ガン・プラー)も忘れずに取っておく。
フライや唐揚にしてもらうことが多いが、キス、アジとも実に旨い。冷凍しても鮮度に自信あり。味は全く問題ない。
キスもカンルアンも料理としてはバンコクでは一般的ではない模様。これだけ旨いのに、知らないなんて犯罪だぞ。
皆さんもシラチャならではのシーフードを、ぜひここで自分で釣って食べてみて。