2010年8月21日土曜日

ロンピンのセイルフィッシュ ④隅イチの法則

2010.8.14のfishingのお話。
2日目の朝、50km沖に出たボートはセイルを見つけられず、45分もあちこち探し回った。
まずは僕が餌で釣って、そうすれば皆で安心してルアーを投げられるという状況になっていた。
前日の残りのプラーデーン(モモイトヨリ)を背掛けにして流すとすぐに食ってきた。待って待って…合わせっ!
_MG_4388 RIMG0126
セイルは派手なジャンプを繰り返してバテたようだ。あまり走らない。それならこっちの番だ。
PE6号にリーダー130lbのGTタックルなので、強引に寄せてすんなりキャッチ。
これでボウズ脱出できて一安心。素直に嬉しい。僕の身長176cmより長いので、2mちょっとありそう。20kg。
RIMG0132 RIMG0134
ルアーの方は低活性に打つ手無し。セイルがルアーで遊んでいるのが見えるだけ。
よねさんは、やっと得たバイトに捨て身の送り込みを試したが、5秒でバレた。
そこで僕がショットガンワームサビキによる餌確保係となり、皆の餌釣りをサポートせんとす。
しかし隅イチの法則の効果が絶大で、餌仕掛けに来たセイルのアタリ4回を悉く掛け損なった。
前日に十分釣っておくべきだったな。ガイドは、あの高活性で餌釣りすればセイル20匹は堅かったと言う。
結局2日目は、ルアーではよねさんの掛け損ない3回以外はチェースのみ、餌では僕の朝の1匹だけ。
2日合わせると、各人セイルフィッシュ1匹ずつ。ボウズすれすれで何とか踏みとどまった形。危なかった(汗)。
ルアーでは特殊なチューンで挑んだにもかかわらずゼロ匹。矜恃に拘っていたら全滅してたということだ。
本当に良い経験が出来た。実に楽しかった。ロンピン、ここはセイルの聖地。いつの日にか再び…。
RIMG0124
place : Kuala Rompin / Malaysia
fish : Sailfish