2018年4月25日水曜日

ロッキーベイで餌専門

天気の良さげな日曜日に空席を見つけて予約し、ロッキーベイのウィカス船頭の船で出た。客は8人と満載に近くやや不安だ。ローンチしてトローンリングの準備中にワームバケでサビキを作って落としてみるとアジ・サバ・イワシが入れ食い。後で餌にするのでビニール袋一杯にキープした。

船は水深70mのポイントへ直行、僕は艫のコーナーに座り、この日は餌釣り専門とした。ジギングに比べて餌釣りは遥かにアタリが多いが、プルプルした小魚のアタリも相手にしなければならない。ベタ凪で釣りやすいが、船中の皆を含めて大物のアタリはなく、トロリー(キレンコ)36㎝までをボツボツ。僕の一番の獲物は朝釣っておいたアジのブツ切りに来たソルジャー(マダイによく似た鯛)53㎝・2.1㎏だった。

船頭はマトウダイやサメを釣って「サメは旨いよ。食事で出すと皆絶賛したあと、正体を聞いて驚くんだ」と言っていた。後半は食いが止まって暇。見習仲乗り君は熱射病でガクガクブルブル震えが止まらない。船頭は海水をバケツで汲んでは仲乗り君の頭から掛けて冷やしていた。スイカかよ…。そのうち男も女も鏡のような海に飛び込んで遊びだした。「Ray、お前はなんで泳がないんだ」と誘われたが、映画の世界ではここでサメが出てきて食われるのが常識なのでやめとこかw。14時前、多すぎるぐらいの鯛4種をお土産にして帰還した。