2016年7月19日火曜日

ロッキーベイで釣果優先

ロッキーベイのキャプテン・ウィカスのボートで出た。客は僕を入れて6人。
8時にローンチしたのに、チューブを巻いた波が途切れなく押し寄せ、キャプテンは浅場でじっと待つ。ようやく30分後にギャップを捉えて沖に出た。僕が「この30分、ギャップはあの1回だけか?見逃しは無かったか?」と訊くと、1回だけだったという。僕だったら無理して行って横転かな。難しいもんだね。

トローリングはボートの竿4本、僕の竿1本で曳いた。1時間以上曳いてようやくボートの2本にファーストヒット。僕のラパラCDマグナムには食わなかった。いつもは速攻でジギングに切り替えるところだが用意してない。仕方なくトローリングのセットのままでキャスティングだ。8'2"のツナキャスティングロッドなので太いラインでも少しは投げられる。何度も投げるが飛ばない、当たらない。他の客が取り込み終わった頃、ゴゴーンとアタリ、ビューっと下に潜る。あとはグイグイ巻いて68cmのキメジが釣れた。これが釣れるのと釣れないのとではお土産が大違い。ほっとしたね。

さて後半のボトムフィッシング。まずは釣果優先で胴突餌釣りだ。水深50mにイカの足を付けた仕掛けを落とすと、いきなり良型のアタリと引き。イングリッシュマンの58cm・3.2kgだ。他の客も同型を次々に上げる。幸先良し!しかし、ここからまさかの3連続バラシとサメ襲撃で一気に不振となった。30~40cmの鯛を2匹追加したところでスロージギングに切替えた。但し、リーダーに2本の枝針を絡み付けるように結びワームを付けた。釣果優先のジグサビキ仕様だすw。スローピッチ基本通りの誘いやフォールをするが、オジサン、ウメイロ、エソ…全て枝針のワームに掛かってくる。ジグには見向きもしない。ま、楽しいからいいか、釣果優先やし(爆)。

隣でバカスカ釣ってる中乗トミーに「今日は中乗り?遊びの釣師?職漁師?」と聞くと「I'm a pissing commercial fisherman today!」(今日はマジ漁師だぜ!)と笑った。良い日だった。
fish : Yellow Fin Tuna, Englishman, Protea Bream, Goatfish, Soldier
place : Rocky Bay, KZN, RSA