2015年3月10日火曜日

バラシ病、治らず

2回続けて荒天で釣行がキャンセルになった。うち1回は港まで行って断念。これが一番きつい。
ようやく1か月ぶりにRiptide Chartersで沖に出ることができた。穏やかな夜明け、雲の下側がピンクに染まる。
僕は前回のバラシまくりを反省し、今回のキャスティング用はPE6号・リーダー80lbにランクアップしてきた。
これでナブラで入れ食い、バラシ無しで全獲だなと気分上々。しかし現実は厳しく、そうはいかんかった。
ナブラが全然ない!チャンスはあるかもとトローリング中のボートの舳先から横に投げては巻くの繰り返し。駄目。
トローリングの方にはたまにバタバタっとヒットする。1回目は2kgのキメジ5匹。2回目は10kgのキメジ2匹…。
僕はキャスティング専念で巻き巻きを辞退していたが、次の群れで掛けたロッドを「まあ巻け」と船頭に渡された。
ありがたく巻くが魚がこっちに向かって泳いできて全然引かないうちに釣れちゃった。カツオ4kg。
食材としては最高なので、頭を落として小さなクーラーで氷漬けにした。連発でキメジ3kg。これは小さいな…
RIMG0037RIMG0038
ディープラインでのボトムフィッシングを待っていたが、「潮流4ノット、無理!」と船は岸に向かって帰還を開始。
あ~、これで今日のジギングの希望も潰えたなと悲しかった。途上で2本のロッドに同時ヒット、2人がファイト開始。
これが予想外の良型でお客さん大苦戦。サイドチェンジしたり船頭の糸抜きアシストが入ったり。
やり取りが長くなりそうだ。僕は邪魔にならないよう舳先から200gのジグを投入。50m程落としてシャクリ開始。
ゴゴーン!何か乗った、嘘みたい。ああっ、強烈な引き、これキハダだわ。魚がこっちを向いた隙にぐいぐい巻く。
深場でジギングできなくてもラッキー、最高だね。もう少しで見えるかという時、魚は猛スピードで沖に走った。
ブッチーン(泣)。次の瞬間、キハダが水面を割って大水柱とともにジャンプ、去って行った(大泣)。
横では、客の一人がギャフ入れ寸前にフックアウトでバラし、もう一人は疲れて諦め、キャプテンと中乗りが獲った。
110cm・15kgのキハダ。今日イチ。同型をバラした僕ともう一人の客は向き合ってガックリ溜息。
リーダーの新石鯛結びが結び目で切れていた。端糸のハーフヒッチが残っているので、抜けたのではない。
ブチ切られ。こんなの初めて。結びの引張り強度と衝撃強度は違うが、スピードで衝撃強度限界に達したの?
スキッパーのアンドリューが「ジギングで来たか、キハダだ、残念!次は糸を太くしろ」と。80lbって十分だと思うんだが(笑)。
RIMG0042RIMG0043
最後は水深35m砂場の小物釣り。ボートは風下に流されまくり、投釣りのような角度で糸が出る。
これでは例によってスロージギングは通用しない。なんとか回収中お駄賃のハガツオ1匹。
最後餌釣りに変えて鯛類を10匹ほど。30cm級を3匹キープ。例によって僕だけ型が小さい。これには理由がある。
良型のタイ類を釣る客は、家から持参した餌も含め、針に餌をゴルフボール大にてんこ盛りに付ける。
大きい餌が好きならジグや鯛ラバにも食ってくれよと思うが、食わんね。要研究。
帰港後は皆に慰められ、また来い、次は大きいの釣れと。しゃあない、来週もシェリービーチ沖、予約じゃ!
RIMG0046RIMG0069
place : Shelly Beach KZN RSA