2012年3月22日木曜日

謎の黒いアジ

シラチャ周辺で時々釣れる、シマアジのようなカイワリのようなアジ。明らかに何かの幼魚である。
この大きさだと背鰭・尻鰭の全体が黒いが、もっと小さいのは背鰭の先端だけが黒い。
ふと思い立った。ヒシヨロイアジの幼魚ではないかと。
黒い顔、浮き出た筋肉、独特の口周りのカーブがそう思わせるのだ。
RIMG2296
シミランのジギングで70~90cmの成魚が釣れる。強い引き、立派な魚体、その珍しさ、上等な魚だ。
黒い斑点に覆われ、シミランではプラー・モン・ダム(黒GT)と呼ばれている。
しかしシラチャやシャム湾では大きいのは全然見かけないし、アンダマン・サトゥンのルアー釣りでも一切掛からない。
子供がシャム湾浅場で大人がアンダマン海の深場ってあり?シンガポール回りで移動してるの?
やっぱり謎だな。かなり気になるが、いつもどおり刺身でいただこう。