2011年3月9日水曜日

サトゥン団体釣行① 乗れるんか4人?

2011.3.5のfishingのお話。
Leoさん、コウチャンさん、魔寧蛇さん、リュージョンの4人でサトゥン弾丸釣行だ。
しかし4人とは。誘えども誘えども賛同者無く、一人南海を彷徨った日々と比べれば、まるで団体旅行の感がある。
それも小さなロングテールボートに客4人・船頭2人のぎゅうぎゅう詰め。船沈まんのか?竿振れるんか?
僕としては2人ずつ×2船を勧めたのだが、まあ譲り合って全員同船も楽しかろうということになったわけ。RIMG0973pRIMG0791
今回がサトゥン初参加の魔寧蛇さんは、チャドーの釣りクラブ「狂人会」の人。
海では、あの一世を風靡したギャラクシー・ノーハンド釣法専門で、海ルアーは始めてとのこと。
魔寧蛇さんの道具立ては見たところかなり厳しいものがあるな。まずは洗礼を受けてもらうことにしよう。
タルタオ島でバンガローを予約して、いつもの2番磯からキャストを開始した。
今回はコウチャンさんの提案で、普段流す距離(40~50m)の倍ほど岸から離して流した。
これが全然バイトすら無いのだわ。たまらずスレイマン船頭が言った。
「ブロン島は沖まで珊瑚があるから沖でも釣れるけど、ここは磯の先はすぐ砂地だから沖目はだめ。磯際しか釣れないよ」
僕は100m沖の底質を確かめるべくジグを落としていたのだが、なるほど全部平坦な砂地。
結局4番磯以降は、基本的にいつもの操船で磯近くに投げ、岬周りの潮目だけは遠くも狙おうということになった。
ところが期待の4番・5番の磯も例の濁り潮でダツが居るだけ。状況を変えようと一気に12番まで南下して再開した。
屹立する岩山が一気に海に落ち込む12番磯。タルタオ島の西端だ。雰囲気はいいがいつも釣れない。
その隣、大きなゴロタ石が海底に広がる11番。プラー・モンはこういう場所を好む。岩陰から一気に餌に飛びつくのだろう。
この11番磯、僕はブルースコードで2匹立て続けにプラー・モンを釣った。釣るなり「さ、帰ろか!」と皆をビビらせておく。
RIMG0939mRIMG0946
しかし続く磯群は期待はずれで全然食わず。やっと河口近くの7番横でコウチャンさんがバラクーダ2匹。
トラブル続きで殆ど釣りになっていない魔寧蛇さんも、ここのマングローブジャックで片目を開けた。
魔寧蛇さんのトラブルの原因は糸ふけの処理に慣れていないのと、PEの量が巻きすぎ。あとは糞リ(以下省略)。まあよい。
魔寧蛇さんは道具のトラブルだけでなく、発熱上がりで体調も悪い。
コウチャンさんは間食で出たマイローと名物トランケーキで気分が悪くなって、夕食も喉を通らないほどテンション低下。
普段コンビニの菓子パン喰いまくってるのに、どうして美味しいトランケーキが駄目なんすか?今度宅配してあげましょか?
アオ・ソンという長いビーチを渡り、6番磯でコウチャンさんが待望のハタ。Leoさんがようやくプラー・モンを釣った。
その後、2番磯まで丁寧に投げたが食わないまま日没納竿となった。
初日は場所選択に失敗したね。このタルタオ島特有の濁り潮では、ちょっと釣れただけでもラッキーだったよ。
夜はバンガローにイビキ組と一般組に分かれて爆睡した。外壁に巨大なトッケイが2匹いて、子守唄を合唱してくれた。
4人での同船はどうか?楽しいけど、素直に言うとかなり苦しい。やっぱLTBは3人が限度だな。何より近接しすぎて危ない。
団体さんには団体さん向きの配船を考えんとな。
place : Ko Tarutao / Satun province, Thailand
fish : Giant Trevally