2010年6月16日水曜日

チャーン島の珊瑚礁に独り

2010.6.13のfishingのお話。
土曜日はチャンタブリで昼過ぎまでの仕事があった。
あそこまで行って竿も出さずに帰れるはずもなく、適当な場所でルアーでも投げるか、と用意をして行った。
仕事の場所はチャンタブリ県の東端、案外トラン県の近くだった。じゃあチャーン島だな。行ったことないし。
地図を見ると、チャーン島の西岸、沖に小島が並んでいるカイベーという辺りが良さそうだ。
フェリーとソンテウを乗り継いで着いてみると、リゾートのようなただの田舎のような微妙な雰囲気。
浜辺のバンガローを400バーツで借りて泊まった。例によってカビ臭いんだけど、タイ共通なのでマイペンライ。
DSCN4504 DSCN4521
翌朝、浜に出てスピードボートが並んでいる宿に尋ねてみると、小船もあるとのこと。
高いなと思ったが、値切って糞船頭が来たら目も当てられないので、言い値で受けた。3,500バーツ。
さて、カイベービーチから10分程に出て小島が並んでいるあたりに着いた。お~、綺麗、綺麗。
南からマンノー島、ピー島、ユアック島、サムサオ岩。この順に攻めていこう。
DSCN4514 DSCN4520
キャプテンはルアー釣りの客は初めてのようだったが、すぐに要領を掴んでくれた。
島の内側は珊瑚礁、外側は荒磯。気分はサトゥンの島で投げてるような感じ。シロハラウミワシも飛んでるし。
でも肝心の魚影が………薄い。
珊瑚礁のライトタックルルアーは、やったことのある人が皆「好き!」という素敵な釣りなんだけどな。
バイトの大半はダツ。狙っていたハタやフエダイは少々。ここの珊瑚の白化が進んでるせいかもしれない。
一回だけ、荒磯の岬でクイーンフィッシュと思われる良型がポッパーに派手にバイトしたが掛からず、悔しいっ。
DSCN4512 DSCN4517
またここに行くかといわれれば、ルアーでは疑問。エサ釣りなら魅力的な釣り場だと思う。
まあ、ふらっと行って一応釣りの形になったのだから良しとしよう。一人旅ってそういうものだ。
place : Kai Bae / Koh Chang
fish : Checkerd Sea Pearch, Long Finned Rock Cod
boat : Kai Bae Hut Speed Boat