2007年12月17日月曜日

シーチャン島イトヨリ専門②

さて14時頃だったか、横で釣っていたキャプテンが「リュー、リュー」と呼ぶので見るとヤリイカを釣っているではないか。
へえ、こんな10mほどの砂地の浅場で釣れるんだと思い、イトヨリ釣りを続けた。
その横でまた「リュー、ほれっ」とキャプテンのヤリイカ。そしてもう一杯。
う~んたまらんな。こっちもイカを釣ってみるか、と上におっぱいスッテ(何というネーミング!)、下にトトスッテをつけて開始だ。
どこがイトヨリ専門やねん、という話は置いといて、程なくぐっと乗ってきた。
胴長25cmのヤリイカがトトスッテの大きな針で御用。
DSCN1495ika
しかし僕のヤリイカはこの1杯だけ。あとは小型のスミイカが2杯だった。
17時の連絡船でシーラチャーに戻り、19時から「白魚」で宴会だ。7人が集合。
イトヨリは刺身、皮付湯引、煮付、天ぷら。イカ2種6杯は刺身。コトヒキも煮付け。
皆さんタイ料理が苦手なので、和食に徹した。
宴会常連のヒロさんが湯浅醤油を持ってきてくれ、刺身がぐんと引き立った。
イトヨリは湯引がすばらしかった。煮付は柔らかく繊細な感じで期待どおり。さすが高級魚だねえ。
天ぷら多目の注文に板さんはどっさり応えてくれましたが、皆うまいうまいと全部なくなった。
イカは、いつものアオリイカと違って、うーん上手く表現できない。大好き!
こんなにおいしいなら、今度イカ夜釣りにでも行ってみようかな。