2016年8月8日月曜日

シャリービーチ ジギング効いたがサメか…

シェリービーチのRiptideに土曜日の空席を見つけ、前夜予約して発進。微風・凪・適度な潮の流れで絶好の条件。但し朝のマグロは全然ダメだった。底釣りは水深78mで開始した。良型イングリッシュマンと2種類のハタが期待できる深さだ。客が多い今日はジギングはオマツリの原因となるので自重して餌釣りとしよう。スロージギングのロッド・リールセットに12号ハリスの3本バリ胴突仕掛けで落とす。いきなり良い引きでイングリッシュマン、続いてブロンズブリーム53cm・47cmのダブルアップ(一荷)。さらにこれはデカいやつかと思ったらオオヒメ54cmとブロンズ59cmのダブルアップ。餌釣り快調!この後もボツボツ追加した。
艫には別のボートAlbatrossの船頭と息子が乗っており、他客を圧倒して釣っているのだが、7kgまでのハタが何匹か上がった。こっちにもハタよ来いと思っていたら、イワシを付けた僕の仕掛けにグーンと来た。こりゃいい型だ。7kg級もらったねと竿先を下に向けてウインチで上げていると突然暴力的な引きに変わって切れた。サメか…。

滅茶苦茶残念だが、お土産は既にたっぷりあるし、船酔い客の分だけ絡むリスクが減ったので、あと2時間ジギングをすることにした。shoutクレイドル200g行け~!他でハタとオオヒメがぼつぼつ上がる中、辛抱のスローピッチ。ようやく30分後に49cmのオオヒメが釣れてほっとした。そしてついに良型ハタと思われる強烈な魚信にがっちりフッキングした。以前釣った16.5kgの黄腹ハタと同じぐらいの引きと重量感だ。やり取りに勝って慎重なリフト。その途中であれっ?上げてみると60lbリーダーが斜めにスパッと切られていた。サメか…。

この後数人がオマツリしてひどいことになり、船頭がほどいていると、絡んだままの数本の糸が一気に海中に突っ込んだ。僕も指が糸に巻き込まれて危なかった。「サメだ!」と叫んで船頭が掛かってるらしき竿以外の糸を切っていく。何だかんだしてると魚が浮いてきて、上がったのは7kgのマグロ。なんだ君は底にいたのか、トローリングで掛からないはずだと皆で笑った。
最後、5kg超と思われる良型を掛けたが、底から20mぐらいでバレてしまった。まだジグは付いてるのでサメではない。そのままフォールすると、ラッキー、もう一回食った。今度は上げるぞ~。しかし魚の引きは途中でバンバン首を振る巨魚の引きに変わった。抵抗虚しく全損。サメか…。
2釣行続けてサメによる大被害を蒙った。シェリービーチには暫く間を置いて行くことにしよう。ジギングが効くいい魚が沢山居るんだけどな。

place : Shelly Beach, KZN, RSA
fish : Pink Salmon, Bronze Bream