2016年5月11日水曜日

ドラケンスバーグ合宿

メーデーを含む3連休、ドラケンスバーグ合宿に参加した。標高1,400m程の川沿いでロッジに泊まって皆で飲もうと。かつてはここの川にブラウンやレインボーが居たらしいが、昨年の歴史的渇水と熱波で壊滅したと思われる。事前情報でも水が少ないとのことで釣りは無理かな?一応道具は用意して現地に向かった。
3,000級の山に向かって一番奥が登山口と国立公園施設、その下に養鱒場があって、そこから下流5kmぐらいが私有地で釣り場になっていた。さらに下流には人家が多く、水質や安全性に疑問。ヨハネスブルグからのよねっちさんと(ToT)さんも到着して3人揃ったので、川に降りてみた。小雨で気温6℃と寒い。(ToT)さんが岸沿いにドライフライを落とすとパシャッと反応があった。直後、全く同じ場所で僕のフックにガツンと食ってジャンプしてバレた。35cmぐらいのブラウンだった。魚居るやん!もう1匹同型をバラしたが、ちゃんと釣れたのは18cmぐらいの赤ちゃん2匹。
夜は(ToT)さんの豚肉料理で宴会。暖炉で薪をガンガン燃やしてMETAL RESISTANCE/BABYMETALを聴く。萌え死ぬわ。誘われなければ一人で海に行ってたところだが、皆で宴会はいいねえ!

翌朝は(ToT)産の新車ランドローバー・ディフェンダーで下流を案内してもらった。渓相はいいが、多分放牧の家畜の糞から養分が流れ込んでいるのだろう、石の表面から見て水質はイマイチ。天気素晴らしく、魚影全くなし。昼にヨハネスブルグから松下さんが到着。ロッジでカレーを食って再出発。僕は松下さんと組んで私有地域内を上がってみた。16時過ぎたころから虫が飛び始め、魚が追ってきたりババっと逃げたりするのが見え始めた。そして立て続けにブラウン2匹と小型のレインボーをキャッチ。残念ながら全部最近放流された魚だね。バイトは全部で10回ぐらい。松下さんは追わせるにとどまったが楽しい釣りだった。

晩は松下さんによる豚リブアイ炭火焼と日本酒で宴会。よねさんの再リクエストでMETAL RESISTANCE♪。最後は寒い中で星空撮影会。空を埋め尽くす星に息をのむ。僕は早々に切り上げて寝ちゃったけど、(ToT)さんは随分粘った模様。良いのが撮れたかな?

最終日の朝は晴天。ヨハネスブルグの3人は丘陵を散歩。僕は川を散歩。驚いたことに、砂泥底の淵に沢山のブラウンがサスペンドしていた。標高は高いが南緯30度と鱒類の生息には限界的な地域。冷涼な気候が何年か続けば自然繁殖するのかな。
昼に町まで降りて散会した。3人はその後ブラックバスを釣りに行ったがどうなったことやら。
自分一人で行くような釣りではないけど、綺麗な場所だから誘われたらまた行くかもね。
13133221_895788800547016_5212658893629612056_n