2015年11月5日木曜日

凪はいいねロッキーベイ

RIMG0380yRIMG0385
客がなかなか揃わず、ようやく7:00にキャプテン・ウィカス・中乗トミーのボートでココの名物ウェット・ローンチだ。キメジが入ってきているらしくトローリングをやる。大分曳いたが食わず、出船が遅かったのでもう無理かなと思っていたら僕の目の前のリールがジーッと鳴った。魚がこっちに向かって泳いだのでどんどん巻く。しかし元気なままの魚は船べりで暴走し、ラインが船外機を一周して絡んでしまった。トミーが何とかほどいてウィカスがギャフ。キメジ75cm・5.5kgだった。船にあげた途端フックがポロリ。ラッキーキャッチだったね。他の客にもキメジとスマが来た。このキャプテンはトローリングで掛かってもエンジンを切らないのでジギングが成立しないのが難だな。
RIMG0383R0003207
さて、ボトムフィッシングの時間となった。まずは50mだち。僕はジギングを試した。周囲が小物を釣る中、粘ってしゃくっていると底でドスン。結構いい引きで期待したがギラリと銀色の姿を現わしてから沖に突っ走った。これに対応できずリーダーがカット(泣)。サワラかスマのデカイのだな。あまりの残念さにへたり込む。この後は餌釣り仕掛に転向してスリンガー、ランタン、シモフリハタ、メガネハギなどをほぼ毎回掛け、食用の良型だけキープした。汗ばむほどの無風、稀に見る凪。この荒海にこんな天気もあったんだね。
持ち帰った魚は刺身はもちろん、血合のハーブ焼き、頭・骨から出汁をとったブイヤベース、鯛・ハタご飯など、恵みに感謝して食べつくした。特にブイヤベースは「これから毎回作るぞ!」と誓うほどの旨さ。たまらん。
R0003212RIMG0386
次週はシェリービーチを攻めた。前泊の同船客が1時間遅刻してのスロースタート。あぁ朝の時合いが…参ったな。彼等、二日酔いで乗りこんで半数が船酔い。元気な生き残りは船の上でもずっとビールをプシュップシュッ。楽しそうでいいんだけどね…。釣果の方はトローリングにキメジが7ヒット。シャークアタックで6ロストして1キャッチ。キャプテン・アンドリューは「サメは過去最悪。通常サメにやられるのは50%だけど今年は90%」と嘆いていた。いつもは必ずヒットするトローリングの合間のジギングにはかすりもせず。何で?ボトムフィッシングも大型に恵まれず、せっかくの凪が残念な日となってしまった。近況こんなところだけど、誰か一緒に行きませんか?