2015年2月11日水曜日

シェリービーチでバラしまくり

シェリービーチには1月に2回行ったのだが、実釣20分で早上がりとか船自体が出ないとかで釣りにならず。
剥き出しの荒海なので、予定通りにはいかない。2月になって単独釣行、漸くまともな天気で釣りができる。
5:30にRiptide Chartersで出船、客は9人、沖でトローリング開始だ。
僕は巻き巻き隊には加わらず、ミヨシでキャスティングタックルを持ったまま船の停止待ち。
艫のリールがジャーっと鳴る。キハダが食ったようだ、船は停止。僕はキャスト。ポップクイーンの着水と同時に食った。
あれ?引かない。44cmの小さい本ガツオだった。まあいい。新しいクーラーに丁度入る、一人で食べ頃の大きさだし。
RIMG0018
トローリングではキハダの95~100cm(8~10kg)が3本上がった。その2本目の時、僕のポッパーにも鮮烈なバイト。
キャスティングはこう来なくちゃ。寄せてきて船べりでの一走り。へへっ余裕だねと思ったらフッと軽くなった。
珍しくパロマーノットでコンビリングを結んだのだが、ノットが抜けちゃったのす。ロスト①、なんでやね~ん!
その後は群れに当たらず、7:40から期待のディープライン・ボトムフィッシングタイムとなった。
他の客が餌釣りを開始する中、まずは実績のあるワンピッチでジギング開始。水深120m、流れ穏やか。高まる鼓動。
しかしどうも船は筋を外しているようだ。餌釣り客にほとんどアタリが無い。いわんやジギングをや。
3回目の着底でかなりベベル引きになった状態で40シャクリ、さあ回収だなと思ったとたんに食った。ゴーン!
来た来た。重いぞ。中層まで巻いてきたら猛然と突っ込んだ。おおっ、思ってたよりデカいなコレは。
あと1色だ。もう一息というところで、魚が猛スピードで他の客の糸を絡めながら一気に艫に走った。ウヘー何ということを!
中乗りが僕のラインと他の客のラインとの絡みを外そうとしている最中にもう一走り。ラインはスレでプッツン。
中乗りとキャプテンは「カンパチのデカイのだ」と口を揃えるが、走り方が違う。多分深場にいたキハダだと思う。
7seasのTwist250gジグロスト②、なんでやね~ん!
新たなディープラインのポイントを探して船は移動開始。しばらく走るとナブラに遭遇、僕にキャスティング指示が出た。
タックルハウスのブリット行けーっ!ジャークジャークにどっかーん。うぅ楽しすぎる。走りも引きも強烈、魚はまだ見えない。
そこで猛然と縦ラン、そしてラインがぶっちーん、歴戦のブリットロスト③、なんでやね~ん!
ナブラは続く。ソルティガドラドペンシルを投入。鮮やかなブルーと黄金のシイラが追ってくる。しかし船べりまで食わない。
僕がルアーをピックアップすると「なぜ上げる!そのまま船尾に流せば食ったのに!」と中乗りからお小言。知らんがなw
次のナブラで投げると着水と同時にもう食ってる。良い引きだ。63cm・3.7kgの本ガツオ一丁上がり。お土産は十分だ。
R000258110858575_827807700624806_3058979028305282185_n
次のキャスト、これもアクションする前に食った。他の客は、僕のためにボトムフィッシングができず、見てるだけとなってる。
ガツッと合わせておいて「誰か巻くか?」と他の客にタッチ。そしたら彼は大苦戦よ。糸は出されるし座り込んじゃうし。
気合い入れて巻かんかいと思ったがこっちもバラしまくりなので笑顔で応援。やっと浮いてきたのは100cmのキハダ。
うううう…自分で巻いとけば…とは言うまい。彼は「サンキュー!めちゃエキサイティング!」と握手を求めてきて大喜び。
次もすぐに食った。3回合わせて「次は誰が巻く?」とロッドを渡す。だがデカかった。その客は対応しきれずブッチーン。
結び直したばかりのリーダーがナイフで切ったような切断面、これまた歴戦のドラドペンシルロスト④、なんでやね~ん!
手持ちのルアーが全滅、しかしまたナブラが出た。キャスティングジグ125gを結び直してキャスト、即どっかーん!
これで本ガツオ65cmをゲット。ギャフを入れた中乗り君が「お前、バラし多いけどマスターやな」と言ってくれたw。
ちょっとキャスティングで遊びすぎたな。なぜならその間に風が強まり、ディープでのジギングができなくなったから。
船は45mライン、35mラインとどんどん浅場に移る。僕はジギングをやめて餌釣に転向、タイ類が数だけは良く釣れた。
しかしキープサイズに恵まれず放流ばかり。あるとき僕の掛けた小鯛にシイラが追ってきて噛みついた。
それを見た常連のタイスがタコベイト×オモリをキャスト、遠目でシイラをヒットさせた。鮮やかなジャンプを見せたが御用。
ダラダラ書いたが、ディープラインでのジギング、ナブラでのキャスティングは実に期待度が高く、楽しめること請け合い。
下船後、キャプテンと中乗りから、「今日は有難う、次はバラさずに全部獲れ」と励まされた。もちろん!一緒にどう?
R0002587R0002589
place : Shelly Beach KZN RSA