2015年1月11日日曜日

紅月 / Babymetal

2014年の欧米ツアーで、筋金入りのヘヴィメタ狂を悶絶させ、絶賛の嵐を巻き起こしたBabymetal。この曲が一番好きだ。
まず曲がいい。「紅月」は強烈なメロディック・スピード・メタル。Rainbowが提唱、Helloweenが完成した様式だ。
日本ではX Japanが多用した。北欧・南米・日本にしか残っていない絶滅危惧種の様式だが、コアなファンが多い。
「紅月」に戻る。Aメロは和のテイスト、Bメロはメジャー、高らかに引っ張るサビ、慟哭のソロ、滑らかなブリッジ…完璧だ。
次に神バンドの演奏がいい。メタル愛にあふれたプロフェッショナル達が圧倒的なパフォーマンスを見せるが、前列の女の子達の引き立て役に徹している。メイクと衣装が神というよりお化けなのが笑える。
そしてリードヴォーカルSU-METAL(17歳)の素晴らしさ。これには心打たれるものがある。「メタルのプリンセス」「日本の宝」「何とか守りたい」、皆思いは同じだ。
汗まみれの熱唱。澄んだフラットヴォイスの直球勝負。0:36で見せるヘドバン。最後の台上からの睨み付け一閃。
これは凄い。こんなん見せられたらオーディエンスは滝のように涙を流すしかないよな。
これ以外の曲には切れのあるダンスがつく。メタル+ダンス+アイドル+日本語のみ(笑)はじめは当然キワモノ扱い。
しかしライブで見せた本物のエンターテインメントに、へヴィメタル一筋のオッサン連中も全員陥落、批判は一掃された。
今年は更にすごいことになりそうだ。皆で応援しよう。