2014年1月27日月曜日

涙の初鰹

ダーバン沖にトローリングに行った。キャプテン・マイク曰く当ればカジキ、セイルやキハダは普通、駄目でもシイラやワフー。
軽食と飲み物だけ持ってFat Girl号に乗り込み、10:30に出港。港を出るとすぐに曳き始めた。
真ん中から30m、左右のアウトリガーから10mと20m、5個のルアーを曳く。中乗り君がてきぱき動いて気持いい。
道具は全部借り物。リールはOkuma Makaira 50WⅡ。リーダーは250lbと300lb。太っ!
R0000931R0000935
すぐにでも何か掛かるかと期待したが無反応。沖に30km出たところで、アフリカ東岸を南に流れるアガラス海流を渡った。
海流の両側は鏡のように平たいのに、海流の中は波頭が尖ってゴウゴウ流れてすごい迫力だ
海流の向こう側で鳥を発見、「ツナがいる」とキャプテンが言った直後に右の竿にヒット!しかし軽い。50cmの本ガツオ。
でかいカジキのルアーに小ぶりのカツオが食うとは思わなかった。この時点で13:30。こんなはずでは…
この場所の水深は520m。ジギングとかやりたいけど、はっきり言って無理。しかしトローリングは魚が来なきゃ暇すぎる。
15:00に久々のヒット。デーブさんが巻いてすぐに上がったのは、60cmの本ガツオだ。もっと大きいかと思ったと嬉しそう。

何とコレが最後の魚。8時間90kmのトローリングであとは何事も無く敗退。はぁ。こりゃ港内の小物の方が楽しかったな。
ということで、1匹4万円の涙の初鰹で僕のアフリカでの釣りが始まった。暗黒大陸前途多難。