2017年11月30日木曜日

ロッキーベイ3連戦

11月後半、ロッキーベイのWotalotiotから3回出たお話。
第1戦。天気予報はいいのだが前日のうねりが残っていてビーチには大きな波が押し寄せていた。船頭たちはギャップができるかどうかじっと海を見ていた。30分ほど待って行けそうだと決断、まずはWyfieが波を越えて出て行った。後で聞いたがうねり高く食いが悪かったとのこと。次が僕らのボート。初めの波が越えられず左旋回して戻って再トライ、この繰り返しで20分程待ったがついにキャプテン・ウィカスは諦めた。つまり竿も出せずに帰還、無効試合で翌日順延ってこと。やれやれ。

第2戦、海穏やかで楽々ローンチ。ジギングから始めた。枝素を出していつものパドルテールワーム2.5インチを付ける。潮は速いが水深50mなので200gのジグで何とかなる。オジサンやメイチダイがワームに食ってくるがジグには食わんな。船頭と僕がオマツリ、解いてる間にぶら下がっているだけの僕のジグをサメが食ってロスト。何でやねん!後半は餌釣りでボツボツ30~40cmを追加。最後にドッカーンと今日イチのアタリと引きが来た。ウンウン言って巻いてる途中でゴゴーンとサメに食いつかれ、魚ごと全損。ホントがっくりで納竿してもた。直前直後にディアンとオードリーが60cm超のイングリッシュマンを釣ったので、僕のも同じ魚だったのだろう。サヨナラ負け。シュ~ン。

第3戦、凪のビーチから5:30出船。1週間空けたのに相変わらず冷たい緑色の潮で、ゲームフィッシュ狙いのトローリングはさっぱりだ。この日の底釣りはジグを封印して釣果の多い餌釣りに専念した。飢えた工場の同僚達に魚を届けなければならないのでね。第1投から43cmのイングリッシュマンが釣れてこれは行けると思ったが、昼までずっと食いが悪かった。4~5kgと思われる魚を2回掛けたが、2回とも途中でサメに丸のみされてパー(怒)。良かったのは、サメに下針の魚を食われながらも上針のウメイロ46cmをキャッチできたこと。最後の一投でも同型のウメイロを釣って、高級魚比率アップして納竿した。後日、内陸にある工場から「まさかアフリカでこんな美味しい刺身が食べられるとは」と驚きのお礼をもらった。第3戦はサプライズ勝利ということでw。

place : Rocky Bay, KZN, RSA