2013年11月13日水曜日

手漕ぎボート2題 : 紀伊長島&栗田湾

最近行った手漕ぎボート釣りを2つ。まずは三重県紀伊長島、石倉渡船さん。
ここには20歳台から随分と磯釣りに通ったが、タイ駐在が長かったためのため6年半振り。
小雨の中6:30、キス師パパさんと出船、僕が漕いで片上池水門前まで行った。まずはキスかな。
うねりがあって釣りにくい。期待したキスの魚信は非常に少ない。一本松テトラ前にボートが数隻いたので合流。
皆さんアジを狙っているようだが、ポツリポツリ。僕のショットガンにはかすりもしない。
静かな名倉湾の奥でじっくり狙おうと漕いで入る。これが上手くいかなかった。キスは薄くアジは小さい。雨も時には激しく。
RIMG5132
あと2時間というところでもう一度水門まで出てキス狙いに戻った。ようやくキスらしいアタリがキューン。
手のひら級だが鋭い魚信はヘダイ。しかし僕もキスパパさんもバラシが多く、オッサンの悲鳴が湾内に響く。
ようやく最後にささやかなお土産を得て帰還した。貧果につき渡船屋さんでの写真撮影は辞退w
ヘダイの刺身は旨かった。きりっと締って臭みも無い。ヘダイか。五島に通っていた頃、いつも出してもらってたな…。
RIMG5169RIMG5170
次は日本海・宮津栗田湾でボート。6:30、キス師パパさんは単独で出船、僕はマサキさんと同船してこぎ手。
由良方面へ30分程漕いで快晴無風の中釣り開始。マサキさんの第一投、いきなり大きく竿が曲がる。
大型キスかと思ったが35cmのESO(爆)。すり身用に僕がもらって帰ることにした。あとは次々にキスの軽快な魚信。
RIMG5172 RIMG5173左キスパパ・右マサキさん
マサキさんは20~25cmを結構上げてご機嫌。彼の別竿での飲ませ釣りは、餌のピンギスをサバフグに食い荒らされて不発。
僕の掛けたキスにも水面までサバフグが追ってくること幾たび。やっと1匹スレで捕獲した。
キス師パパさんは45cm級ヒラメを抜き上げたが、勢い余って反対側に放り投げサヨナラホームラン。悔しがるの何の。
この日はマサキさんのナビが的中し、キスの群れの筋から余り外れることなく楽しめた。
最後、双子岩近くのブイ周りで20cm以上の良型キスが連発、僕の最大は26.5cmあった。RIMG5176 RIMG5179 僕の63匹
納竿の12:30まで漕いでは釣って、キス師パパさん75匹、僕63匹、マサキさん45匹のキス豊漁。11月としては十分満足。
キスっていいよね。家族も喜んで山ほど食べた。刺身、てんぷら、フライ、骨煎餅。サバフグも旨いし。エソすり身は……(笑)。
RIMG5180電子レンジで骨煎餅